【第5週】舞いあがれ!ネタバレあらすじ「空を飛びたい!」 アイキャッチ画像
記事更新日:

【第5週】舞いあがれ!ネタバレあらすじ「空を飛びたい!」

連続テレビ小説「舞いあがれ!」の第5週放送分を小説調でまとめていきます。

【第21話】10月31日(月)放送 パイロットになるべく動き出す舞

パイロットに立候補した舞でしたが、鶴田に厳しい現実を突きつけられます。日々トレーニングを欠かさなかった由良をみていた舞は、「パイロットが大変なのはわかっている」と主張しますが、実際にトレーニングを試してみると、想像以上の負担であったことが判明したのです。

鶴田は、「由良をみていて大変そうだと思ったのなら、岩倉にとってはもっと大変だ」と言い諦めさせようとしますが、舞はどうしても諦めきれません。お店にロードバイクを買いに行き、久留美の交渉でうまく値切ってもらうことに成功するのでした。

中古のロードバイクを手に入れた舞は、めぐみにパイロットを目指してトレーニングを始めることを伝えます。不安そうな表情を浮かべるめぐみでしたが、舞の気持ちを聞いて応援することにしたのでした。

父の浩太もそれを聞いて応援しようという気持ちになります。一方、鶴田は由良の病室を訪れ、パイロット候補についての話し合いをしていました。「記録を出せる人に飛んでほしい」という由良に、自転車部の部員を後継にしようと提案する鶴田でしたが、由良の決意はすでに固まっていました。

それは、なにわバードマンの部員たちがいかなる思いでスワン号を作ったかということを理解している舞に飛んでもらいたいという思いでした。彼らの思いを知らない人物では、記録は出せないだろうというのが由良の考えだったのです。

鶴田は由良の言葉を聞いて、部員たちに舞を次期パイロットにすることを提案します。最初こそ難色を示した部員たちでしたが、由良の希望でもあるということを聞いて、最終的にはその場に居合わせた全員が賛成します。

舞は正式に次期パイロットとしてトレーニングを始めることとなりました。すると、舞がパイロットを務めることを聞きつけた新入生部員たちが戻ってきます。彼らが帰ってきたのをみて、舞の気持ちは一層鼓舞されるのでした。

最初は3分しか続けてペダルを漕げなかった舞でしたが、トレーニングを続け10分漕げるようになります。そして講義終わりの刈谷の元へ訪れ、パイロットをすることに決まったと報告します。

しかし、刈谷は毅然として舞がパイロットとなることを認めないと言い放ちます。舞はトレーニングの成果について話しますが、残された期間は2ヶ月しかないのだから不可能だと言う刈谷の考えは揺らぎません。

冷たくはねつけられた舞でしたが、その言葉を聞いてもなお、パイロットとして認めてもらえるようにトレーニングを続けるのでした。

【第22話】11月1日(火)放送 頑固な刈谷

刈谷に反対されながらもパイロットに任命された舞は、朝からトレーニングのためにマウンテンバイクで大学へ向かいます。一方で父・浩太は「人工衛星を打ち上げている会社を見せてもらえることになった」と工場見学へ行くのでした。

大学に到着した舞がサークルの部室に入ると、鶴田が「刈谷は戻る気がないねんて」と部員たちに報告します。パイロットが変わったため、スワン号を舞の体に合わせた設計に変更しなければなりません。

すると玉本が「俺がやる、一からの設計はできないが調整ならできる」と言います。そこで、大きく設計を変えずに、微調整のみ今いる部員たちで行うことになりました。

舞が帰宅すると、浩太も同じタイミングで帰ってきたところでした。舞が浩太に「工場見学どうやった?」と聞くと、浩太は感心しながらこう言います。

「すごかった、部品に要求される精度が高いから工場の環境も全然レベルが違ってた。従業員も新しい物を作るというエネルギーがすごい。うちなんかまだまだやけど、負けへん。一歩ずつ登っていけばいつかは山の頂上へ辿り着ける。

それを聞いた舞は、自分の状況に当てはめながら「そうやんな、一歩ずつ進んだらええよな」と自身に言い聞かせます。

次の日、舞がサークル部室に到着すると、設計に関して部員同士で口論が起こっていました。みんなで作るとなると、意見がぶつかり合ってなかなかスムーズに行きません。

その日、舞は由良の見舞いに訪れました。すると、刈谷が「事故は俺のせいだ。悪かった」と由良に謝っているのです。しかし由良は「やめてください。もっと操縦が上手い人なら十分対応できたはずです」と答えます。

そして、舞は見舞いを終えて出てきた刈谷に「事故が自分のせいだと思って怖くなったんですか?」と尋ねます。刈谷は「確かに怖くなったのかもな。人力飛行機は人を乗せる飛行機だから責任が重い」と漏らします。続けて、その責任の重い設計を担当することになった経緯について話します。

「鶴田と授業で一緒になったときに『飛行機の設計がしたい』と言ったら、なにわバードマンに引っ張っていかれた」と鶴田との出会いがきっかけだったことを打ち明けます。舞が「それで3年も続けたのか」と聞くと「いや、すぐにやめた」と刈谷は言うのです。

しかし、鶴田が刈谷の下宿まで行って「俺が飛ばす飛行機はお前に設計してほしい」と頼み込んできたため引き受けたと話しました。

「その時も1年かけてやっと出来上がったのに、たったの2ヶ月でスワン号を修理しながらパイロットを変えるとなると、俺は嫌たい」と言う刈谷に、舞は何も言い返せず「わかりました」と承諾するしかありませんでした。

そして現在サークル内の空気が最悪だと話す舞に、刈谷が「原因は?」と尋ねると、舞は「スワン号の重心の問題です。椅子の位置変えたら重心変わるから、プロペラとペダルの新しい位置を巡って口論になってる」と打ち明けます。

すると刈谷は「椅子を動かす?!設計を変えようとしてるとや?誰が?」と驚きと怒りをあらわにし、部室に乗り込みます。そして「なんで設計をいじってるとや、素人の設計で大事な仲間乗せて飛ばすつもりか」と玉本を責め立てます。

それに対して玉本も対抗し「大事な仲間やから窮屈な飛行機で飛んでほしくないんや。お前から見れば素人やろうけど、急に設計担当がいなくなってもなにわバードマンが困らんように、1回戦の時から勉強してたんや」と言い放ちます。

想像以上に努力していた玉本に、刈谷は素直に「すまん」と謝りました。そして玉本は「俺の設計で飛べるのはあくまで理論上の話であり、実際に飛んで記録狙うんやったらお前の設計やないとあかん」と刈谷を説得しようとします。

鶴田も必死の思いで「刈谷、戻ってきてくれ」と訴えると、刈谷は「一日で書き換える。スワン号をド素人のパイロットでも記録が作れる飛行機にしてやる」と答えるのでした。晴れて刈谷が戻ってきたなにわバードマンの部員たちは、改めて意気込みを示します。

その後、マウンテンバイクでのトレーニングから戻る舞に、刈谷は「記録飛行までに体重を5キロ落として欲しい、あと190ワットで50分漕げる体力をつけてくれ」と非常にハードな目標を与えます。正直”無理難題”とも取れる刈谷の要求を、舞はこなすことができるのでしょうか。

【第23話】11月2日(水)放送 減量と体力トレーニング開始

人力飛行機のパイロットになるため、非常に高度な目標を提示された舞(福原遥)は、より一層厳しいトレーニングに励みます。朝は5時半に起床し、朝食の前に体重を計ります。食事は低カロリーかつ高タンパクなサラダと鶏肉です。

片道20キロの通学はロードバイクで行い、大学に到着してからもトレーニング、昼食は少量の弁当と、2ヶ月で5kgの減量は決して簡単なものではありません。そんな舞は、久しぶりに祖母・祥子(高畑淳子)に電話をかけ、パイロットになったことを報告します

祥子は「五島では、さくら(長濱ねる)が無事にカフェをオープンした」と言います。祥子が舞に、ジャムを送ると話しましたが、減量中の舞は大好きな祥子のジャムも食べることができません。さくらのカフェは「みじょカフェ」という名前で、祥子のジャムも店内で販売しています。

祥子が販売用のジャムを並べていると、木戸(哀川翔)が現れ「舞ちゃんどないしてる?」と尋ねます。祥子は嬉しそうに「人力飛行機のパイロットになる」と伝えます。

そして、東大阪の自宅には祥子の手作りジャム「祥子ばんばのジャム」が届き、浩太(高橋克典)とめぐみ(永作博美)は朝から早速届いたジャムをパンにつけて食べます。

舞は食べたい気持ちをグッと抑えながら学校へ向かおうとしますが、めぐみに「少しぐらいなら大丈夫や」と言われ、誘惑に負けてパンを美味しそうに頬張るのでした。

一方で浩太の工場には、舞の幼馴染である貴司(赤楚衛二)が株式会社IWAKURAのホームページ作成のために訪れていました。めぐみが「忙しいのにごめんね」と言うと、貴司は「営業よりホームページを作っている方が楽しいから全然大丈夫です」と答えます。

そんな貴司は、日々の仕事に疲れているようで、あくびをしながらパソコンに向かっていました。その頃、大学で講義を受ける舞も、日々のトレーニング疲れで講義中に居眠りをしてしまいます。講義が終わるとまたトレーニングを行い、その傍らで週に2日のアルバイトにも励みます。

ある日、舞と久留美(山下美月)がカフェでアルバイトをしていると、貴司が訪れます。疲れて元気のない様子の貴司を舞と久留美は心配し「今夜一緒にご飯食べよう」と誘います。貴司は快く受け入れ、仕事に戻っていきました。貴司が去った後、舞は何やら貴司の忘れ物に気付きます

夜になると、お好み焼き「うめづ」で舞は頭を抱えています。なぜなら、減量中の舞にとってお好み焼きは高カロリーとなるため、何を食べたら良いのか悩んでいるのです。そんな舞のために貴司の父・勝(山口智充)が作ってくれたのは、粉にプロテインを混ぜた特製のネギ焼きです。

すると、貴司も帰宅し合流します。舞は、貴司にカフェで拾った忘れ物の紙切れを渡します。その紙には、貴司が考えた詩が書いてあり「ひからびた犬」と記してありました

久留美が不思議そうな顔で貴司を見つめると、貴司は「ひからびた犬は僕のことや。今、会社の営業成績が最低で、ノルマをクリアできずにいつも怒られている。けど、八木(又吉直樹)に『それでええ』って言われた」と話します。

八木は「息が出来んくらいしんどいときに生まれるのが詩や。もがいてたらええんや」と貴司に言ったのです。そこで、貴司は「もがきながら詩を書いてみようと思う」と舞と久留美に伝えるのでした。

貴司を励ますつもりが逆に励まされた気がした舞は、特製ネギ焼きを幸せそうに食べます。帰宅して体重を計ると、46kgまで落ちていました。目標体重まであと2.3kg、もうひと頑張りです。

【第24話】11月3日(木)放送 うまく行かない体力向上

記録飛行まであと1ヶ月となり、夏休み中は更に過酷なトレーニングに励む舞(福原遥)でしたが、体重が増えていることに気付きました。そして大学ではパイロットの体力測定が行われ、舞は190ワットで何分漕ぐことができるか試されていました。

190ワットとは、急な斜面で自転車を全力で漕ぎ続ける程のしんどさがあり、その過酷さに舞は挑んでいるのです。現時点での舞の記録は、190ワットで29分間でした。刈谷(高杉真宙)は「あと少しだけど、これじゃダメたい」と言います。

記録飛行にて記録を更新するためには、スワン号を15.44km飛ばさなくてはなりません。そのために、舞は190ワットで50分間漕ぎ続ける必要があります。そんな舞に、刈谷が「体重は?」と聞きます。

舞が「あと1.1kgです。でも今スランプで、100g減ったと思ったら次の日200g増えてるんです」と答えると、鶴田(足立英)が「俺もそうやった。あと1ヶ月あるから体重はクリアできるやろ」とすかさずフォローに入ります。

すると刈谷が「問題は体力やけど、客観的に見て難しそう。190ワットから180ワットに変更する」と提案します。そうなると翼の作り直しが必要となりますが、鶴田が「それで岩倉がちょっと楽になるんや。みんなでもうひと踏ん張りしよう」と部員たちに声をかけます。

部員たちも快く受け入れ、舞の目標は180ワットで60分間へと変更になりました。引き続き食事制限と厳しいトレーニングに励む舞ですが、なかなか思うように記録が伸びません。そんな中、舞のもとに松葉杖をついた由良(吉谷彩子)が訪れます。

舞は、由良に「やれること全部やってるつもりだが、思うように行かない」と不安を漏らします。すると由良は「明日琵琶湖に行かないか」と舞を誘います。翌日、鶴田の運転する車に由良が乗り、ロードバイクを漕ぐ舞を先導する形で3人は琵琶湖へ向かいます。

琵琶湖に到着すると、舞は由良に「みんなは暑くて狭い部室でスワン号直してるのに、私が目標に届かへんせいで、みんなの作業増やしてしまってる」と言います。落ち込む舞に、由良は「誰も気にしてない。エンジンの性能に合わせて機体変えてもらうのは当たり前や」と励まします。

しかし舞は「怖いんです。みんなの努力台無しにしてしまうのではないかと、考えへんようにしててもつい考えてしまう」と更に弱音を吐きます。

そんな舞に由良は「岩倉にしかできないことがたくさんある。しんどいのは当たり前。飛行機は向かい風を受けて高く飛ぶんや」と伝えるのです。「ここで新記録出したかったな」と未練をこぼす由良を見て、舞は気持ちを改めるのでした。

部室に戻ると、部員たちが「おかえり!どうやった?」と迎えてくれます。みんなは近頃元気のない舞を心配していたのです。舞は笑顔で「もう大丈夫です」と答えます。その翌日から、舞は由良と二人三脚でトレーニングを行うことになりました。

由良が舞のトレーナーとして、記録飛行までの目標に向かってサポートしてくれます。全力でトレーニングを行い少しずつ体力を増やしていく舞の姿を見て、スワン号を製作する部員たちも「できる限り舞が楽になるように」とより良い機体作りに取り組みます。

そして、ついに舞の身体に合わせたスワン号が出来上がり、鶴田が「今週末テスト飛行しよう」と舞に告げます。笑顔で「頑張ります」と答える舞ですが、果たしてテスト飛行は上手く行くのでしょうか。

【第25話】11月4日(金)放送 スワン号の最終調整

いよいよ週末にテスト飛行を決行することになったNANIWABIRDMANは、陸の上でスワン号が上手く作動するかの駆動試験を始めます。先輩たちが最終確認をする中、スワン号に乗り込んだ舞(福原遥)は、由良(吉谷彩子)に操縦方法のレクチャーを受けていました。

由良の「上下左右どこへでも、岩倉の行きたいところへ飛んで行けんねん」の言葉に、舞は胸を躍らせるような表情を見せます。スワン号に異常が無いことを確認した鶴田(足立英)の掛け声を合図に舞はフェラを回し始めました。

見事、駆動系・プロペラ・尾翼も問題なく動き、部室に戻った部員たちは喜んでいましたが、舞だけは浮かばない顔をしています。

それに気づいた由良は声を掛けると、舞は「部室のバイクと全然違いました。」と実際にスワン号に乗り込み、不安が生じたことを打ち明けたのです。

体力面が不安だった舞は、部室のバイクよりもスワン号のペダルが重かったことで、自身の体力が最後まで持つのか懸念していました。

しかし、由良の「飛行機が走っていないからペダルが重かっただけ。実際に走ったら重くないし、飛んだらペダルのことなんか忘れてまう!」の一言に、舞は安堵と期待の表情を浮かべます。

家に帰り、体重の最終調整をする舞は造太(髙橋克典)とめぐみ(永作博美)に自作のサラダを渡していました。浩太とめぐみは舞のサラダを絶賛しながらも、もう少しで食事制限が終わると励まします。

舞が「あと少しでテスト飛行やねん」と報告すると、めぐみは「気ぃつけてな。」と気遣うのでした。

一方、舞がパイロットに打ち込む中、岩倉螺子製作所は株式会社IWAKURAに成長を遂げました。浩太は従業員たちに感謝の言葉を伝えると、「金属部品の製造も引き続き力を入れ、行く行くは飛行機にうちの部品を乗せたい」と熱い心境を語ります。

浩太の飛行機に対する夢に従業員たちからは拍手喝采が起き、闘志を燃やすのでした。ロードバイクの練習を終えた舞が家に帰ると、めぐみが夕飯の準備をしながら、株式会社IWAKURAに看板を変えたことを報告します。

そして、浩太の熱いスピーチの様子を舞に伝えると、「昔、長崎で働いていた時のお父ちゃんを思い出した」と浩太が生き生きと仕事をしていることを嬉しそうに語るのでした。

夕飯を終え、明日の準備をしながら舞は悠人(横山裕)に電話を掛けると、岩倉螺子製作所は株式会社IWAKURAに変わり、ホームページができたことを報告します。舞の報告に悠人は冷たく返し、電話をすぐに切ろうとするのです。

舞にホームページを検索するよう促された悠人は、渋々検索しホームページに大きく記載されていた「小さなネジの、大きな夢」と言う文を鼻で笑いました。

ホームページに興味のない悠人は舞の人力飛行機の現状を訪ねると、舞はパイロットとして訓練に励んでおり、明日テスト飛行と告げます。まさかパイロットになっていたとは思わない悠人は驚きながらも、電話を切ると「面白いやっちゃな」と呟くのでした。

遂に迎えたテスト飛行日、舞はバイクで漕ぎまわり追い込みを見せます。最終確認をしていた部員たちは、これまでを振り返るかのように人力飛行機について語っていました。

調整を終えた舞は、緊張の中スワン号に乗り込むと、「いつもと同じように漕げばいい。落ち着いてな。」と由良から最後のアドバイスを受けます。

しっかりうなづいた舞は、確認の呼びかけを行いペダルを漕ぎ始めました。部員たちに押されながら走り出したスワン号は、見事に飛び始めたのです。初めてスワン号陸を離れた舞は「飛んでる。。。」と歓喜の表情を浮かばせるのでした。

What is Putitopi !?
プチトピエンタメ情報局は芸能・エンタメに関する最新情報を日々お伝えするニュースサイトです。気になる芸能人の最新情報やドラマ・映画情報などトレンド情報が満載!毎日記事を更新中!芸能・エンタメ情報好きの人は是非チェックしてくださいね。

slot demo

slot demo

slot demo

slot demo

slot77

slot88

janji gacor

slot gacor

slot resmi

tunas4d

https://vivagames-yourtoy.com/

https://twincountynews.com/

https://urbanpopupfood.com/

https://creativestockphoto.com/

https://thevampirediariessoundtrack.com/

https://comediankeithrobinson.com/

https://hoteldasfigueiras.com/

slot demo

slot777

slot demo

slot777

slot777

slot thailand

slot thailand

slot thailand

slot777

slot 4d

slot thailand

slot777

slot demo

slot777

slot thailand

slot777

slot demo

slot thailand

slot777

slot demo

slot thailand

slot demo

slot terpercaya

slot thailand

slot maxwin

slot 4d

slot thailand

slot qris

akun pro thailand

slot maxwin

bandarxl

naga666

agen5000

agen5000

live draw hk

toto macau

slot thailand

slot777

slot demo

slot mahjong

slot777

slot thailand

slot777.

slot thailand

slot thailand

slot thailand

slot777

https://jurnal.fti.umi.ac.id/products/slotthailand/

slot demo

slot demo

slot thailand

slot777

slot777

slot demo

slot dana

slot77

agen5000

agen5000

harum4d

harum4d

dadu4d

vilaslot

harum4d

slot777

harumslot

vilaslot

harum4d

harumslot

harumslot

harum4d

slot thailand

slot thailand

slot777

slot thailand

slot dana

slot thailand

slot777

slot terpercaya

slot terpercaya hari ini

tunas4d

slot demo

slot777

live draw hk

slot777

slot dana

slot demo

slot gacor

slot demo

slot777

slot777

slot 4d

slot thailand

slot777

slot demo

slot777

slot thailand

slot777

slot demo

slot thailand

slot777

slot demo

slot thailand

slot demo

slot terpercaya

slot thailand

slot maxwin

slot 4d

slot thailand

slot qris

akun pro thailand

slot maxwin

bandarxl

naga666

agen5000

agen5000

live draw hk

toto macau

slot thailand

slot777

slot777

slot demo

slot mahjong

slot777

slot thailand

slot777

slot thailand

slot thailand

slot thailand

slot777

https://jurnal.fti.umi.ac.id/products/slotthailand/

slot demo

slot demo

slot thailand

https://slot777.smknukotacirebon.sch.id/

slot777

slot demo

slot dana

slot thailand

agen5000

agen5000

harum4d

harum4d

dadu4d

vilaslot

harum4d

slot777

harumslot

vilaslot

harum4d

harumslot

harumslot

harum4d

http://sisfora.pekalongankab.go.id/assets/laporan/ https://jdih.sumbawakab.go.id/ https://perpus.pn-wates.go.id/